IT基盤の遠隔モニタリング

稼働中のメンテナンス

ipsip-supervision-a-distance

企業内ITスタッフにIT基盤モニタリングをさせたくない、もしくはできない企業もあります。そんな場合は、IT基盤の稼働中にIPSIPサービスにメンテナンスを委託して下さい。私たちの遠隔モニタリングは、ハード・ソフトウェア両方に、24時間365日稼働します。

IPSIPサービスには、IT基盤の稼働中に、ハード・ソフトウェア両方のメンテナンスを行うネットワークオペレーションセンター(N.O.C.)があります。N.O.C.はベトナム、ホーチミン市にあります。

私たちのネットワーク&システム管理者、そしてお客様サポートオペレーターが、お客様のIT基盤を24時間365日モニタリングします。

N.O.C.(ネットワークオペレーションセンター)は、24時間いつでも生放送で技術状況情報を受け取る、警報装置付き大型分割テレビスクリーンを使用しています。どんな故障 − の可能性 − でも、察知され次第N.O.C.のオペレーターに直伝され、IT基盤にIPSIP管理者の検査が直接入ります。

英語・フランス語を使うお客様サポートオペレーターが、交代制シフトであなたのIT基盤を常にモニタリングします。これが24時間365日、お客様に保証することです。

noc-supervision

ソフトウェアセキュリティ

アンチウィルスとスパイウェアからの保護。不正アクセスの可能性があった場合には自動警報。オペレーターにより安全脅威を即時通報。

設備セキュリティ

CPUロード、メモリ使用量、ディスク領域、ネットワークインターフェースのロードは、24時間365日モニタリングが必要な危険因子です。

常にサービスを

ビジネスにとって、Webサーバー、e-mailサーバー、ホームページサーバー、Webサービス、プロセス等を危険から保護する事は最も大切です。

ヒューマンオペレーター

経験豊富なシステム管理者によりマネージメントされたお客様サポートオペレーターが、ネットワークオペレーションセンターに危険を報告するため、24時間365日対応します。

IT基盤のモニタリング

温度、冷却装置の状態、インバーターとバッテリーなどの重要情報は、24時間365日管理されています。

ストレステスト

自動監視とヒューマンオペレーターによる事前検査両方が、ソフトウェアと設備の危険を最低レベルにします。